無垢材の床材のフローリングの特徴と魅力

床材

無垢材の床材のフローリングの特徴と魅力

無垢材の床材のフローリングは、合板フローリングによく見られる歳月が経つにつれて、状態が酷くなることがありません。
合板の床材のフローリングについては、非常に薄い板を接着剤を活用することによって重ね合わせています。
時間が流れると接着剤の強度そのものが弱り、積層されている一枚一枚が湿度の影響に対して持ちこたえることが出来ずにたわみ等が発生します。
それに加えて表面材そのものが極いため、歩行によって擦り減って、下地が見える事が可能性としてあります。
これを避けるために強度のとても高い表面塗膜剤が実施され、素材感において乏しいものとなっています。
一方、無垢材については一本の木を活用していることから、そのような心配はないといえます。
たしかに物を落とした際に、落下痕が付き易いことがありますが、無垢材は時間と共に色艶のエイジングが進行して、このこととともに少しの傷を味わいとする許容する力があります。